「YO-YO!YOのモーニング刑事(デカ)~俄然強め編~」にお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、リニューアルに伴い下記URLに移転いたしました。


http://yoyo1223.blog101.fc2.com/


今までお世話になりましたことをお礼申し上げますと共に、
今後とも新たな「YO-YO!YOのモーニング刑事(デカ)~俄然強め編~」をよろしくお願い申し上げます。

                                                 管理人:ykbach

以前の記事
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
more...
カテゴリ
検索
<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ロダンとカリエール展 付記
そういえば…
国立西洋美術館は、常設展もなかなか充実していたことを思い出したので、付記しておきます。

先日『ロダンとカリエール展』の後、時間があったので常設展まで見てきました。
17世紀以降、現代までの西洋美術史をほぼ網羅する内容になっており、この作品をそのまま地方の美術館へ持って行けば、十分ひとつの企画展として成り立つのではと思えるほど!
特筆すべきは、モネでしょう。モネだけで10数点もの作品が1室を独占しており、モネ好きの方にはお薦めです!!(私はモネ好きではありませんが…)
他にも私の好みで思いつくままに列記すると、エル・グレコ、ドラクロワ、マネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、ミロなど、日本で馴染みのビッグネームが並んでおり、作品の良し悪しをともかくとして、西洋美術史を舐めて見たいという方には、結構楽しめると思います。
企画展の料金で、そのまま常設展も見ることが出来るので、時間に余裕のある方はいかがでしょうか?!

以上は、客観的な意見。

独断と偏見で言わせていただくなら、×。
マティスがないのです…(涙)
松井のいなかったWBCみたい…
[PR]
by ykbach | 2006-03-28 18:07 | 美術
ロダンとカリエール展
この前の金曜日、『ロダンとカリエール展』を見に国立西洋美術館へ行ってきました。
主たる目的はカリエール。『プーシキン美術館展』(12/12のブログ参照)以来、好きな画家の仲間入りをしていましたので、そう長い時間を待たずしてカリエールの作品にお目にかかれる機会を得たことはありがたいことです。

「肖像制作者としてのロダンとカリエール」という展示室で二人の作品を見比べる以外は、ほとんどカリエールの絵画しか見ていなかったので、主催者側の意図する鑑賞法からは外れているのでしょうが、気にしない気にしない!色彩的には華やかさのない地味な展覧会でありましたが、平日昼間のガラガラ状態の中でゆっくり鑑賞でき、なかなか楽しませていただきました。(土日でもたぶんそんなに混雑する展覧会とは思えないですが…。)

題材はオール人物。中でも母子愛をテーマにしたものが多く、人物が背景に溶け込みそうなほどの柔らかで朦朧とした画風は、『プーシキン美術館展』で得た印象と同じで期待通り。カリエールの作品は、原色系の明るい色を使うわけでもないし、見るからに幸福感に満ち溢れた絵とはいえないのに、何かホッとして心休まる思いがします。何より今回良かったのは、大作を見ることが出来たことです。小品は良くても大作になると途端に画面が緩んでしまい、ただ単に画寸を大きくしました的な作品になってしまう…カリエールがそんな画家ではないということがわかり、「やっぱりこの画家は好きだ!」と確信した次第であります。
図録を読んでいると、今回はカリエールの回顧展ではなく、同時代を生き、お互い影響を与え合ったロダンとの並列というコンセプトがあったため、人物画に絞ったものになっているそうですが、カリエール自身は風景画も描いていたそうで、今度はぜひそちらも見てみたいものです。
[PR]
by ykbach | 2006-03-27 15:33 | 美術
ドルフィンズ、カルペッパー獲得!
左上の画像にNFLマイアミ・ドルフィンズ往年の名QBダン・マリーノを使っているのに、今まで一度もドルフィンズについて書いたことがありませんでした…。今日やっと取り上げる機会ができました!

ミネソタ・バイキングスのQBダンテ・カルペッパーのドルフィンズ移籍が決まりました!!
今ドラフトの2巡目指名権とのトレードということですが、全然問題ないでしょう。昨シーズンは怪我で満足な結果を残せなかったカルペッパーですが、年齢的にはまだ29歳、怪我さえ全快すればまだまだ素晴らしいパフォーマンスを見せてくれると思います。
1999年にD・マリーノが引退して以来、QB難に苦しんできたマイアミは、マリーノ時代の派手なパス攻撃はなりを潜め、ラン攻撃で攻撃時間を稼ぎつつ、強力なディフェンスで守り抜き(ここ2,3年は翳りが見えるが…)、少ない点数で接戦を制する…みたいな、堅実で理には適っているのですが、地味で見ていてあまり面白くないチームになっていました。それだけにプロボウルQBのカルペッパー加入には大いに期待したいところです!
昨シーズン、二人で1,650ydsのラッシングを獲得したR・ブラウンとR・ウィリアムスの両RB、ドルフィンズで久々の1,000ydsレシーバーになりプロボウルにも選出された(ケガで辞退)俊足WRのC・チェンバース、チーム内パスキャッチ数2位のTE、R・マクマイケルに、QBとしてカルペッパーが加われば結構破壊力のあるオフェンスが展開出来るのではないでしょうか。バイキングス時代のカルペッパー→R・モスのホットラインみたいに、カルペッパー→チェンバースなんて期待しちゃいます!!(欲を言えば、もう一人スピードがあって長身のWR欲しいところだが…)

あとは何とかして、過渡期に入っているディフェンス陣の立て直しが上手くいけば、今シーズンは久々のプレーオフ進出、いやいやスーパーボウルまで十分狙えると思うのですが…。ちょっとひいき目に見過ぎかな…?!
まだドラフトも終っていないし、選手の出入りもまだあるでしょうが、既に今から9月のシーズン開幕が待ち遠しくてなりません!!
[PR]
by ykbach | 2006-03-18 01:47 | NFL
『模倣犯』
一昨日、昨日とスポーツ、今日は読書ネタってことで、すっかり株から離れておりますが、お許しください。株について書くことがない今日この頃なので…。


ここ数ヶ月、株や金融関連の本ばかり読んでいたのですが、さすがに食傷気味になってきまして、そろそろワクワク楽しめる小説を…
ということで、先月より宮部みゆきの『模倣犯』を読んでおりました。
ちょうど文庫本が出たので…てこともあったのですが、全5巻でしかも1冊が結構分厚い!これじゃあ上下2巻の単行本とさして値段が変わらん!とブツブツ言いつつ、中弛みしながらも何とか読み終えました。

ストーリーや構成はなかなか凝っていて、面白く読ませていただきました。実際に身近で起こっていて、なんとなく背中が薄ら寒くなるような空気感は、さすがだな~って思いました。
ただ、ひとつ気になったのは…登場人物の心理や行動、さらには場の雰囲気を描写する時の比喩(例え)がくどいのでは??ということです。宮部みゆきは今まで『理由』『火車』『魔術はささやく』を読みましたが、その時はあまり感じなかったのですが…。
本来比喩って、抽象的な言葉では表現しにくい事象を、読者に具体的にイメージさせるために用いられるのでしょうが、例えが分かりにくい上に、一つの事象に2つ、3つと例えを重ねたりされると、むしろ逆効果なのではと思ってしまいます。比喩が出てくるたびに「ん?」って考えて、「わかったようなわかんないような例えだな~」ってことで仕方なく先に読み進んでおりました。面倒くさいので、途中から比喩が出てくると読み飛ばしましたが、それでも十分問題なく理解できました!(笑)
ちなみに『模倣犯』は原稿用紙約3,550枚ほどにも及んだそうですが、もう少し余計な表現削ればコンパクトに出来たのでは?すみません、宮部さん、言い過ぎました!!


ひとつ小説を読み終えると、さあ次は何を読もうかと考えるのも楽しいものです。この数年、池波正太郎の時代小説、宮城谷昌光の中国歴史小説、松本清張・宮部みゆきのサスペンスなどをローテンションして読んでいます。
今の気分としては、次は久々に池波正太郎かな~。簡潔でスッキリした表現で、ちょっとした間や臨場感を見事に描き出す文体が恋しくなりました!!
[PR]
by ykbach | 2006-03-08 13:45 |
プレーオフ反対!
セ・リーグも来季からプレーオフ制導入、だそうです。
パ・リーグだけというのもアンバランスですから仕方ないのかもしれないけど、はっきり言って面白くないです。年間146試合前後のリーグ戦を終えて、6チームのうち半分の3位までが進出できるプレーオフって一体何なのでしょう?MLBやNFLなんかで地区2位チームがワイルドカードでプレーオフに登場するのとは全然意味合いが違いますからね!!
このニュース読んでいて更に不可解なのが、「リーグ優勝チームはプレーオフを制したチームではなく、これまで通り、レギュラーシーズンの1位チームとする方針」ってやつ。
はぁ??レギュラーシーズンの1位チームを尊重してリーグ優勝チームとするけど、日本シリーズはプレーオフ勝たないと出られないよんって訳だろうけど、どうしてそんな捻じ曲がった権威付けが必要なの??
現行のプレーオフ制には大反対ですが、やるなら「年間146試合やって上位3チームでプレーオフを開催し、プレーオフを制したチームをリーグ優勝とする」ってことにしないと、今度は日本シリーズの存在意義まであやふやになってくるでしょ??
「今年のプロ野球、セ・リーグ優勝は■■、パ・リーグ優勝は□□。しかし、プレーオフの結果、日本シリーズはセ・リーグ2位の●●とパ・リーグ3位の○○の対戦です!」みたいな…。なんじゃそりゃ??
そもそも興行的な事情を最優先にした制度だから、プレーオフを勝ったらリーグ優勝、と言い切れなくなるんでしょう。
こんなんなら昔パ・リーグやJリーグが導入していた2シーズン制によるプレーオフの方がずっといいよ!!

さらにこのニュースにはこんなことまで書いてあります…。
「セ・リーグでは「巨人離れ」などの影響で観客動員が伸び悩む球団が出てきた。…パ・リーグで成功しているプレーオフを、セでも導入して人気回復につなげたいとの要望が各球団から出ていた。」
巨人が人気があれば「巨人ばかり…」とやっかみ、巨人の人気が低下すればこんなこと言い出す…。
巨人いなくても、プレーオフしなくても、お客さんが来てくれるよう経営努力してくださいよ~!
[PR]
by ykbach | 2006-03-07 19:07 | 野球
Jリーグ開幕!
3/4(土)ガンバ大阪vs浦和レッズを皮切りにJリーグ開幕しました。
ちょうど1週間前にゼロックス・スーパー・カップで対戦した時は、1-3の完敗を喫したガンバだけに、開幕戦という格好の舞台で早々の雪辱を願ったのですが、結果は1-1でドロー。負けなくて良かったというのが正直なところですが、ガンバの1点が今期新加入の日本代表・加地によるものであったことが何とも嬉しいことです!欲を言えば、同じ新加入でもFWのマグノアウベスに決めてもらえるともっと良かったのですが…。昨年得点王のアラウージョと比較されるのでマグノもプレッシャーでしょうが、早くチーム戦術にフィットして結果を出して欲しいものです。頑張って~(^‐^)/~

今年は京都パープルサンガがJ1に昇格しましたのでこっちの応援もしないといけません!
ということで…昨日3/5(日)日産スタジアムでの横浜Fマリノスvs京都パープルサンガ戦を観戦してきました。実はボクの勤め先のグループ会社がマリノスのスポンサーになっていて、そっち絡みでチケットをもらったわけで、本当は「マリノス応援してね~!」の意味がこめられているのでしょうが、そんなことお構いなく京都の応援に行ってまいりました。
しかし、結果は無残にも4-1の惨敗。やはり久保の戻ったマリノスは強い!久保しっかり2得点でした。
松井(現ルマン)、パク・チソン(現マンチェスターU)、黒部(現浦和)あたりがいた時の京都はなかなかのもので、天皇杯も優勝したことがあるんですがね~。とにかく京都これじゃやばいので、出来る限り足を運んで応援することに決めました!!

東京に住んでいると、ガンバにしても京都にしても、当然ながら足を運べるのはアウェー戦ばかり。毎回肩身の狭い思いを強いられるのですが、だからこその応援でもあります。
めげないぞ~!!
[PR]
by ykbach | 2006-03-06 14:07 | サッカー
| ページトップ |
ブログトップ