「YO-YO!YOのモーニング刑事(デカ)~俄然強め編~」にお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、リニューアルに伴い下記URLに移転いたしました。


http://yoyo1223.blog101.fc2.com/


今までお世話になりましたことをお礼申し上げますと共に、
今後とも新たな「YO-YO!YOのモーニング刑事(デカ)~俄然強め編~」をよろしくお願い申し上げます。

                                                 管理人:ykbach

<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
有馬記念
ディープインパクト負けましたね。
菊花賞の時も、前にいたアドマイヤジャパンに「あわや?!」の場面があったように、後ろから行く脚質だと負ける時はこんなものでしょう。しかも、初対戦で力関係のわからない古馬相手ですから。でも、これでディープインパクトの評価が下がるわけではないし、来年の古馬GⅠ戦線の主役であることには違いないと思います。(ボクはディープインパクトのファンではないので冷静に見ているつもりです!)

ちなみにボクの一番思い出に残っている有馬記念は、昭和63年のオグリキャップが勝ったレースです。“感動のラストラン”の時ではなくて、中央に転厩してきた4歳(今の馬齢表記では3歳)の時。オグリキャップのGⅠ初タイトルとなったレースですね。タマモクロス、サッカーボーイ、スーパークリークなど錚々たるメンバーが揃ってワクワクした覚えがあります!オグリキャップには岡部(河内から乗り替わり)、タマモクロスには南井、サッカーボーイには河内、スーパークリークには武豊ということで、名ジョッキーがそれぞれどう乗るかっていうのも話題でした!!
この頃の有馬記念を云々言うのは、すでにオールドファンの域に達しているのかも…。
[PR]
by ykbach | 2005-12-25 23:35 | 競馬
ディナーショー
宇崎竜童・岩城滉一・世良公則のディナーショーに行ってきました。この3人、缶コーヒー『FIRE』のCM共演がきっかけとなり、アコースティック・ユニット『GENTLE 3』を結成して活動しているそうです。

a0062376_1192348.jpg


3人が登場して最初のMCで岩城滉一曰く、「3人あわせて165歳のユニットです!」。世良公則でさえ50歳になったそうです!!「えーっ!」て感じですが、自分の歳を考えればそんなものか。。。
ステージはアコースティックギターをそれぞれ手にした3人だけで、バックバンドはなし。松田聖子『SWEET MEMORIES』、山口百恵『ロックンロール・ウィドウ』『夢先案内人』それに、SMAP『夜空ノムコウ』をカバーしてみたり、ツイスト時代の『あんたのバラード』『銃爪』『燃えろいい女』など、大半が誰もが知ってる曲での構成ということもあり、圧倒的に中高年中心の客層にもかかわらずかなりの盛り上がり。立ちだす人もたくさんいて、これって普通のライブ?!
でも…ボクも盛り上がってたわけで、♪燃えろっいい女~燃えろっナツコォ~♪♪って大声で唄ってたら、向かいのオバさんの冷たい視線…。だって、3人ともその部分は客に唄わせようとしてたから…。いいや、今度カラオケで思いっきり唄ってやる!!

宇崎竜童は、さすがに多才で、コルネットやハーモニカ吹いたり、パーカッション叩いたり。
岩城滉一は、リーゼントにサングラス、白ジャケット…。いかにも…ってカッコ。
そして、3人の中では一番カッコ良かった世良公則!ヴォーカルはピカイチだし、ギターソロもなかなか。今度、世良公則だけのライブに行ってみたいと思ったくらいです!
[PR]
by ykbach | 2005-12-24 01:17 | 音楽
プーシキン美術館展
東京都美術館へプーシキン美術館展を見に行ってきました。
会期も残り1週間ほどということもあり、館内は入場制限が出るほどの盛況ぶり。プーシキン美術館展…この企画でこれほどの人を集められるのかと少し驚きました。今回の目的はマティスの作品を見ること!よって、一点一点作品を見ながらゆっくりと移動していく列には加わらず、人垣越しに展示品をちらちらと覗き見ながら足を進めました。

マティスに辿り着くまでに「おっ!」と足を止めた作品が一つ。
a0062376_0471195.jpg
ウジェーヌ・カリエール『母の接吻』
印象派の色彩豊かな作品群のあとだけに、モノトーン調の光の効果がとても印象意的でした。闇の中で光があてられ幻想的に浮かび上がる母娘3人は、あまりに柔らかく描かれていて、近くで見ると何が描かれているのかよくわからないくらいです。この作品、左斜めから見るのがお薦めです!
「カリエールってよく知らないけど、どこかで聞いたことある人だな…」と思いながら、家に帰って調べてみると、マティスが画家になりたての頃に通っていた美術学校の一つ、アカデミー・カリエールの主宰者でした。そうかそうか、マティスの先生ね!今後は一人の画家としてカリエールをチェックしてみます。


お目当てのマティスはというと…
展覧会のポスターにも使われている『金魚』を含めてたった3点!プーシキン美術館は、パリのポンピドー、ニューヨークのMOMA、ワシントンのナショナル・ギャラリー、そしてロシアのエルミタージュなどと並んで、マティス・コレクションでは有名で、それだけに期待してきたのに…がっかり。
唯一の収穫は今までどんな画集や展覧会でも見たことのない作品が出ていたこと。
a0062376_0474512.jpg
アンリ・マティス『白い花瓶の花束』
初の南仏旅行以後、明るい色彩を使い始めた頃の作品ですが、マティスのサインが入っていなければそうとはわからなかったと思います。ごくごく初期の頃は古典的な静物画なども描いていますが、南仏旅行以降は新たな試みの実験的作品を多く描くようになり、色彩の扱いはともかく、ここまでオーソドックスな構図の花の絵なんて初めて見ました!
ちなみにうちのかみさんはこの作品をえらく気に入っておりました!



最後にもうひとつ!
a0062376_191531.jpg
パブロ・ピカソ『アルルカンと女友達』
画集などでもよく見るこの“青の時代”の名作にお目にかかれるなんて、ちょっと儲けものでした!プーシキン美術館所蔵作品とはまったく知りませんでした。展覧会ポスターにこの絵を使っていたら、もっと混雑していたのでは?!


今回はまったくブログ・タイトルにそぐわない内容でした…。
[PR]
by ykbach | 2005-12-12 00:52 | 美術
アラウージョ退団!
Jリーグ初優勝から一夜明けて、ガンバ大阪の公式ホームページで“アラウージョ退団”が正式発表されました。今季ガンバに移籍してきて、大黒とフェルナンジーニョとの攻撃三枚看板として嵌り過ぎていただけにホントに残念です。まあ、シーズン途中からブラジルの名門クルゼイロへの移籍が報じられたり、家族がブラジルへ戻りたがっていると報じられたり、とにかく今季いっぱいで退団の噂はひっきりなしでしたからね…。天皇杯を最後にということなので、ぜひ決勝まで駒を進めて、来年元旦の国立競技場での勝利を置き土産にしてもらいたいものです。
しかし…大黒の海外移籍の噂もあり、来年のガンバの攻撃陣はガラッと顔ぶれが変わりそうな気配です。


♪プリキュア、プリキュア~♪♪
ボクが公私共々世話になっている某制作会社のW氏が、年甲斐もなくカラオケで歌って以来、耳について離れないフレーズです。プリキュアとは、土曜だか日曜の朝にやっているお子ちゃま向けアニメ番組の主人公らしいのですが…。
今日、阪神競馬場でのG1阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝馬限定、1,600m)を征したのはテイエムプリキュア。プリキュアって馬名にも取り上げられるほどメジャーなんですね!?馬主の竹園さんはお孫さんか誰かが♪プリキュア、プリキュア~♪♪って歌ってるのをいつも耳にしてたのでしょうか??
[PR]
by ykbach | 2005-12-05 01:41 | スポーツ全般
おめでとう!ガンバ大阪!!
やりましたよ~っ、ガンバ大阪!!念願のJ1リーグ初優勝!!!

終盤にきての3連敗で、前節セレッソ大阪に首位を明け渡して迎えた最終戦。下には勝ち点1差で浦和、鹿島、千葉が続いているだけに、ガンバとしてはとにかく勝って、首位セレッソが負けるか引き分けてくれるのを祈るばかりでした。今年優勝できなかったら、次いつこんなチャンスが巡ってくるかわかりません。今年大ブレークのアラウージョは来年は母国ブラジルへ戻りそうだし…。でも、もしガンバが優勝できないなら…関西チームJ1リーグ戦初優勝をセレッソに奪われるのは悔しいけれど、浦和や鹿島・千葉に持っていかれるくらいならまだ関西のセレッソが優勝してくれる方がいいな~というのが正直な思いでした。

用事で出かけないといけないので、NHK-BS1でのガンバvs川崎戦TV中継は後半2-2と追いつかれたところまで見て終わり…。その時、セレッソは2-1で勝っていました。浦和も鹿島も勝っていました。それだけに、後から結果を聞いてホントびっくり!
サッカーは最後の最後までわかりませんね。セレッソは試合終了間際にFC東京に同点にされたとは…。
ガンバは今年の攻撃サッカーを象徴するような4-2の勝ちでした。失点も多いけど、それ以上に得点すればいい!点取り合戦では負けません!!嬉しかったのは、遠藤のPKがガンバの決勝点となったこと。ナビスコカップ決勝ではPK戦一人目の遠藤がいきなり外してそのまま負けてしまっただけに、借りを返せて良かったですね。
ファンとしては首位独走で楽々優勝を願っていましたが、結果的には、最終節で5チームに優勝の可能性があるという大混戦を制したことは大いに価値があります。一時は「リーグ戦とナビスコカップの2冠!」とか言われていながら、両方逃していたら「ここ一番に弱いガンバ」が定着して、トラウマになっていたかもしれません。ホントに良かった!!

今年のJはボクにとっては最高の結果となりました。J1はガンバ大阪、J2は京都パープルサンガが優勝!来シーズンは京都がJ1に上がってきます。おかげで味スタへ行く回数も増えます!あっ…ヴェルディ降格だからFC東京戦だけか…。それはそれとして、ガンバと京都で優勝争い…なんてことになったらたまらんですわっ!!!
[PR]
by ykbach | 2005-12-04 00:33 | サッカー
| ページトップ |
ブログトップ